アルバイトの日払いの良さ
アルバイトの日払いの良さ

日払い制のアルバイトはフリーターには、有難いシステムです。

私は、日払い制のアルバイトをやっています。日払い制とは、給料を働いたその日に貰う給料支払いシステムの事を言います。アルバイトの多くは、時給であっても月給として毎月1回まとめて支給するのが一般的ですが、日払い制だと働いたら即貰えますから何かと都合が良いです。安定しないフリーターにとっては、最適な給料システムと言えます。それは、何故か?どんな仕事であれ月給だと翌月、もしくは翌々月まで待たないと給料が貰えませんから、お金が必要な時にすぐ用意するのが難しくなります。100円のジュースさえも買って飲めない!そういう不都合が生じる場合が有ります!100円位誰でも常に持っているだろう?そう思われるかもしれませんが、財布の中が空っぽという現象は誰にでも起こり得る事です。その為、日払い制だとすぐ現金を得られますから何かと都合が良いのです。

日払い制の唯一の欠点は、働いた1日分しか貰えませんから給料の額としては少ないのが欠点です。まとまった大金が欲しい場合、使わず貯めるという作業が必要になります。まぁ、それはそれで楽しいのですが、だから日払い制は嫌だ!と思う人も結構居られます。確かに何千円と十数万では違いますからねぇ。でも月給制にも欠点が有ります。ケチな私にとっては、許せない欠点が月給には有ります。月給だと色々と引かれます。働いた分を丸々自分の物にする事が出来ません。例えば、アルバイトだと保険は無い場合も有りますが、保険が無かろうと色々と引かれます。例えば、源泉徴収など!税金関係が引かれます。これを回避するには、日払い現金手渡ししか有りません。日払いといえど、給料計算する時間を与えれば色々と引かれます。特に派遣だと確実に引かれます。普通の直アルバイトでも同じです。丸々欲しければ、日払い即日現金手渡しだけですので、同じ日払いでも手渡しで貰える仕事をした方が良いかもしれませんよ。